カナデルプレミアホワイトに含まれるビタミンcエチルとは?

カナデルプレミアホワイトは美白効果の高いオールインワンジェルですが、その中でも配合されているビタミンcエチルとは何なのか?

普通のビタミンcとは何が違うのか? どういう効果があるのか?

詳しく解説していきます。

ビタミンcについて

ビタミンcという言葉はみなさん聞いたことがあると思います。
フルーツのレモンや、サプリメント、化粧品まであらゆるものに含まれています。

ビタミンcは普通に生活して生きていくうえでも必要な成分です。

実はビタミンcは体内では作り出せないので、外から摂取するしかないのです。
なので食品やサプリなどで体に補ってあげる必要があります。

主な効果として肌や骨、歯の生成や維持を手助けするほか、血管を丈夫にして動脈硬化を防いだり、日焼けを防ぐ作用や、ストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。

美容効果としては抗酸化作用・美白効果・肌のコラーゲンの生成などがあげられます。

ビタミンc誘導体とは

そしてビタミンcは抗酸化作用や美白効果が高いため化粧品などでもよく使用されます。

化粧品などでビタミンcを肌になじむように使える形にしたのがビタミンc誘導体というものです。

ビタミンCは元々、水溶性の性質があるので油分を持つ肌になじみません。そこで肌になじむ油溶性にし、かつ安定させるために人工的に作られたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンcエチルとは

そしてタイトルにもあるように、
カナデルプレミアホワイトに含まれるビタミンcエチルという成分はそのビタミンc誘導体の中でもより優れた成分だということです。

ビタミンcエチルのすぐれた6つの特徴

①即効性

ビタミンc誘導体は体内で酵素のはたらきによって一度、分解され吸収されますが
ビタミンcエチルは酵素反応を必要としないので、そのままの形で吸収され、即効性が高いです。

②持続性

ビタミンcエチルは吸収された後、ビタミンcよりも時間をかけて代謝されるため、体内にとどまる時間が長くより持続性があります。

③安定性

ピュアビタミンcは活性が失われやすいですが、ビタミンcエチルは40℃のph5の緩衝液の中で90日経過した後でも95.9%の活性が保たれていたため、高い安定性を誇っています。

④浸透性

ビタミンcエチルをモルモットの皮膚に塗布した実験では、皮膚の角質層から真皮層への浸透を調べた結果、真皮層までの微量ながらも浸透が確認されたため、水溶性であるにも関わらず浸透率が優れていることが報告されています。

⑤美白作用

皮膚に吸収されるとメラニン色素の生成の抑制以外にも、美白作用・抗酸化作用のほか、ニキビ予防、コラーゲンの産生促進などすぐれた効果があります。

⑥ビタミンc含有量

ビタミンcエチルは一般のビタミンc誘導体に比べて、ビタミンcの含有比率が高いことがあげられます。
ビタミンcの含有量がビタミンcエチルは2.7倍と多く含まれています。

カナデルプレミアホワイトの美白効果

シミやそばかすなど、肌の色素沈着の原因になるのは日光から受ける紫外線がおもな原因です。

肌が紫外線を受けるとメラニン色素というものが生成され、それが蓄積することでシミやそばかすになってしまいます。

ビタミンcはメラニン色素の排出や生成を阻害するはたらきがあるので、シミやそばかすの対策から美白効果まで期待できます。

特ににすぐれた効果を持つビタミンcエチルを配合したカナデルプレミアホワイトは美白効果が抜群です。
白くきれいな肌を手に入れて、カラダとこころがいきいきとした自分に出会いましょう!





タイトルとURLをコピーしました